用語集

バングロ

天然の竹を開繊した竹繊維と綿などの他の天然繊維を混紡した糸の総称。

織物

織物の三原組織


織物とは、タテ糸とヨコ糸を直角に交差させた布地のこと。

その中でも最も基本的なものを三原組織といい、平織り・綾織り(斜文織り)・朱子織り(しゅすおり)の三つを織物三原組織という。

平織り(ひらおり)


タテ糸とヨコ糸が交互に交差するきわめて単純な組織で、表裏同じ組織になる。

できあがった模様は左右対称になる。丈夫で摩擦に強く、織り方も簡単なため、広く応用されている。

綾織り(あやおり)


ツイル・斜文織り(しゃもんおり)ともいう。斜めの畝が見える組織。糸の交差する組織点が少なく、糸を浮かせる部分が多い。

斜文線(しゃもんせん)または綾目(あやめ)と呼ばれる線を斜めに表し、できあがった模様は左右非対称になる。

平織りに比べると摩擦に弱く強度に欠けるが、地合は密で柔らかく、伸縮性に優れ、シワがよりにくいなどの利点がある。

朱子織り(しゅすおり)


朱子、サテンともいわれる朱子織物の総称。

タテ糸とヨコ糸の組織点が少なく、タテ糸またはヨコ糸の浮きが多い組織のため、表面が滑らかで滑りが良く、強い光沢があるのが特徴。

密度が高く地は厚いが、斜文織りより柔軟性に長ける。しかし、摩擦や引っかかりには弱い。

仕上げ加工

シルケット加工 


綿に行われるシルキー加工。光沢と同時に染色性も増し、鮮明な色に染め上げることができる。

さらに「強度が増す」、「縮みにくくなり寸法が安定する」などの効果があるので、多くの綿製品にこの加工が施されている。

日本では一般的にシルケット加工と呼ばれるが、「マーセライズ加工」が本来の名称。

サンフォライズ加工


布地が洗濯によって縮まないようにする防縮加工。

原反に適度な水分を与え、強制的に収縮させながら安定させる。薬品類を使用しないため、安全性が高い。

この加工を施すと、洗濯をしてもタテ・ヨコ方向とも、縮みは1%以内に留まる。

ページトップ

パートナー企業募集!バングロを使った商品の共同開発、販売協力店を募集中です。お気軽にお問い合わせ下さい。※個人の方はご遠慮下さい。